Friday, September 15, 2006

ランキングとイラクとfrickr

ブロガーつながりのちゃめさんのブログ、この記事を読んだ後、
ランキングを見てみたらおぉ!善戦してらっしゃる!!
なんかうれしいので、ポチポチポチっと3箇所クリックしてきたところです。

Blog Rankingで、ひとつ上の位置にあったブログが目に留まって読んでみました。
だって「イラクと自衛隊ブログ」というタイトルなんだもん。
イラクに行かれた自衛隊員のどなたかが、日々さくさくとつづってるのかなーと思ったのです。
新聞や、TVとは違う何かがあるのかな、と。

・・・この方、すでにこのブログから1冊出版してらっしゃいました。

文春の不祥・宮嶋・・・!みたいなのかな、と期待したけどちょっと違うみたい。それはブログという性質だからなのかなあ。真鍋かをりちゃんのブログと似た体裁で、軽く軽く書いてらっしゃる・・・。最近のものしか目を通さなかったから、イラクの現状をレポートした記事までたどり着けなかったわ。とほほ。またゆっくり読んでみようかな<忘れなければ。

あーぱーなことばかり投稿しているアタシがなんでイラクにひっかかったかと言うと
最近はまっているfrickr のコンタクト、chocokatちゃんのダーリンが、イラクに派遣されてるんです。彼女は混乱しながらも気丈に、frickrというサイバースペースで表現し続ける。んでもって、ダーリンもイラクからの画像を投稿してるんですわ。

といっても凄惨な画像ではなく
高度3万メートル上空からの写真とか、町で見つけたサインとか奥さんへの贈り物
そして、そこにふともれるため息みたいな一文、それは家で彼の帰りを待つchoccokatへの想いだったり、コメンテーターとのやりとりだったり。

彼はもしかしたら職業軍人なのかもしれなくて、爆弾落としたり、大砲をぶっ放したりするのはへっちゃらなのかもしれない。でも、自分の行為を高らかに謳いあげることが彼にはできなさそう。
1万メートルの上空から、「今、自分の下に1万年の人類の歴史がある…」と書きながら果たして彼は爆弾投下のスイッチを押したのか?それがただの偵察飛行であってほしいなーと願う。


実像を知らなくて、ただのコメントのやりとりだけで、その人を近くに感じるなんて
ブログにハマルまで、想像もできなかったし、バカじゃないのアンタ!などと
悪態をついてたアタシですが、今はこのとおり。

ふう。

みなさま、よい週末を ♪

2 comments:

ちゃめ said...

 どもです。
 ランクリ有難うございまーす。

 「イラクと自衛隊ブログ」、私も読みました。
 読者目線の文章と挿絵が面白いですね。
 
 chocokat さんのダーリンは USAF なんでしょうね。
 無事帰って来て欲しいものですね。

cavacavien said...

@ちゃめさま
そか。読者目線とみればいいのれすね。
アドバイスありがとうです!

そーなんです。無事帰ってきた!って報告が聞きたいなーと。