Friday, July 21, 2006

ジダンとマテラッツィ、見る人によって…


ニュースの世界はいつも新しいものであふれてるから
もう、古い話ではありますが


先日のZizouの頭突きモンダイ。
こんなふうに見せてくれるブログがありました。





1.ドイツ人が見ると...
そのまんま
ふつう

2.フランス人が見ると...
よそ見してたの?
ただのアホ

3.イタリア人が見ると
ヒガイシャの目でっか?
おいおい、飛んでるよ...

4.アメリカ人が見ると...
なんでもここへ持っていきたがる?
.........

5.そしてスポーツ新聞の一面には...
はっはっは!
やりすぎ...



ブログタイトル『妻と妻の両親とわ・た・し』
"まるでアダムスファミリーのような..."と他ブログで紹介されてるのを発見して即!ブックマーク(笑)
こちらのブログを運営されているのは、ドイツにお住まいのニッポン男子、シトさん。
登場人物4人の密室劇ブログ(?)なのです...大変そうなんだけど...大爆笑!ですょ。

関連ニュース(nikkansport.comの記事より)
  • ジダンに処分!罰金71万円+社会奉仕3日
    「両選手ともに極度のストレスの中で試合をしていて起こったことで、人種差別的な問題は認められなかった」(FIFA)と、世界中が関心を抱いていた問題はなかったというコメントも発表された。
    結局、双方が認めている家族を侮辱する内容の言葉だけで、それもマテラッツィが主張するように「イタリア人なら普通に使うレベル」のものだったようだ。世界中で悲劇の主人公となっていたジダンだが、やったことはあくまで暴力的行為であり、特別な理由は認められなかった。


    こちらの「イタリア人なら普通に使うレベル」発言、
    シトさんのこの日の記事
    を見ると、
    たいへんよく、リカイデキタノデシタ。。。

    日本語でコレ聞いたら、たいへんだよね(汗)
    最近は、めちゃひどい言葉ってあまりきかなくなったけど
    ウチの田舎では、けっこうヒドイ言葉つかってました・・・




  • No comments: